おっさんずクリニック

パニック障害にも負けず・加齢にも負けず・老後や男ひとりのバツイチ生活の不安にも負けず・夢の実現が出来る者になりたい

不調の原因【自律神経の乱れ】整えることで心と身体を健康にする

f:id:ossanzu:20200127112200p:plain

24時間365日働き続ける神経回路「自律神経」

 

日ごろの生活習慣や考え方を変えることで、自律神経をコントロールして心と身体の健康を維持することが出来ます。

 

40代以上の方はもちろん、30代の方も早めに対策して、自分の生活習慣を見直しましょう。

 

より健康で健全な人生を歩むために、覚えておきたい「自律神経の整え方」をご紹介します。

 

自律神経とは

f:id:ossanzu:20191002112220j:plain

血液循環・呼吸・消化吸収・排泄・免疫・代謝・内分泌など、人間が生きていくために、無意識で行っている生命を維持するための神経回路です。

 

身体の活動が激しい昼間や、興奮時に活発になる「交感神経」

睡眠中や就寝前などの、安静時に活発になる「副交感神経」

があります。

 

人間の身体は、ほとんどが脳によってコントロールされています。

しかし、脳がそのすべてをコントロールしているわけでありません。

 

体温調整や寝ているときの呼吸など無意識での活動は、自律神経がその役割を担っています。

 

交感神経が活発になると血管は収縮し、身体はアクティブな状態になります。

副交感神経が活発になると血管は弛緩し、身体はリラックスした状態になります。

つまり、どちらかが良いというのでなく、交感神経と副交感神経のバランスが取れていることが重要なのです。

 

自律神経が乱れると

f:id:ossanzu:20200127104657j:plain

自律神経のバランスの乱れは、色々な問題を引き起こします。

 

特に副交感神経の低下は血管を収縮させ、血液はドロドロの状態になります。

その結果、内臓の機能は低下しホルモンバランスは崩れ、肌も髪もツヤは無くなりボロボロになっていきます。

 

また自律神経の乱れは、精神的にもストレスを与えます。

 

www.ossanzu.com

 

たとえば交感神経が優位になると、身体のいたるところに不調が現れ、病気の原因となります。

反対に、副交感神経が優位になると気分が滅入ることが多くなり、やる気は失せ鬱病等の症状が出易くなります。

 

自律神経を整えるには

f:id:ossanzu:20200127105319j:plain

交感神経と副交感神経は、シーソーの様にバランスをとっており、どちらか一方が高くても体調に不調をきたします。

 

特に、男性は30歳を超えてから、女性は40歳を超えてからは副交感神経の活動は弱くなっていきます。

 

そのため、交感神経優位の状態になることが多くなる為、40代からは副交感神経をどう活発にさせるかが重要になってきます。

 

怒りや不安といったマイナス感情を抱かない

30代~40代は、ストレス世代と呼ばれています。

仕事面においても家庭面においても、色々な出来事や対処しなければならない事柄が増える年齢だからです。

 

しかしここで、怒りや不安といったマイナス感情に心を支配されると危険です。

 

すでに説明したように副交感神経が低下すると、血管の収縮によって血液はドロドロになり、内臓機能の低下や末梢血管の血流の低下により、体温は低下して様々な病気になってしまいます。

 

また、怒りや不安は、交感神経を活発にさせ心と身体を活発にさせます。

 

そして、そのことは脳内でドーパミンやエピネフリンなどの、さまざまな興奮ホルモンを分泌させます。

 

一見すると、良いことのように思われますが、行き過ぎたそれらのホルモン分泌は、心と身体にとって大きなリスクを与えます。

 

怒りや不安といったマイナス感情はコントロールしましょう。

 

www.ossanzu.com

 

 

笑うことで副交感神経を活発にする

「笑う門には福来る」とはよく言ったもので、笑うことで副交感神経は活発になります。

 

そして、笑うことで自分自身はもちろん、周りの人の副交感神経にも良い影響を与えます。

家族やパートナーがいる方は、その人たちと笑い合ってみてください。

 

また独身や独り身の方は、お笑い番組を見るなどして笑っても、同じように良い効果が得られます。

 

それも出来ないときは、鏡を見ながら口角をあげて笑い顔になってみましょう。

笑いは、副交感神経を刺激し幸福感を得られます。

 

睡眠不足は副交感神経の敵

睡眠不足は、30代から下がり気味の副交感神経をさらに低下させます。

 

十分な睡眠で、副交感神経が活発にならないまま朝を迎えてしまうと、起床と共に交感神経が再び高くなり、自律神経のバランスは乱れたままになってしまいます。

 

さらに徹夜をしてしまうと、その日は副交感神経を高めることが出来ず、心拍数は上がりっぱなしで、頭が痛くなったりやる気が起きなかったりと、良いことは何一つありません。

 

十分な睡眠を摂れるようにしましょう。

 

www.ossanzu.com

4秒吸って8秒吐く呼吸法

瞑想や座禅で取り入れられている呼吸法です。

副交感神経を高め、心と身体をリラックスさせます。

 

空気を頭に持っていくイメージで、4秒間鼻から息を吸って、吐くときは頭の空気を胃に持っていき、8秒かけてゆっくりと吐き出しましょう。

 

よく、ため息をつくと幸せが逃げると言われます。

 

しかし、ため息をつくということは、無意識に交感神経が活発になるのを抑制し、副交感神経を高める行動ですので、積極的にため息をつきましょう。

 

会話ができるレベルの運動療法

散歩や軽い水泳など息が上がらないで出来る運動は、血流の改善と呼吸が深くなることで、副交感神経を高め心と身体のバランスを執ってくれます。

 

反対に、息が上がるレベルの運動は、血管を収縮させ呼吸も浅くなることで、ストレスを増やす結果となります。

 

ただし、筋肉量を増やすことが目的ならば、息が上がるレベルの運動は適当です。

また、毎日ストレスが少なくやる気が起きない、といった副交感神経優位の生活を送っている方は、強度の高い運動をすることで交感神経を高めると、自信とやる気が起きるようになります。

 あきらめることでも自律神経は整う

f:id:ossanzu:20191003143843j:plain

言葉は悪いですが、諦めるということはストレスから解放されるということです。

 

諦めないから色々なものに執着し、出来ないことや思い通りにいかないことにストレスを感じるのです。

 

思い切って諦めてしまえば「なぜ、あんなに拘っていたのだろう」と、ストレスは消えてしまうことでしょう。

 

世代によっても違いますが40代~50代の方は、教育や慣習の中で「~しなければならない」や「~をやらなければならない」と教わってきた方が多いです。

 

ですので、なかなか「諦める」ということが出来ないかもしれません。

 

しかし、自分が思い描いた通りにいかない時

「逃げてはいけない」

「絶対に死んでもやりきる」

と、頑なに頑張っても物事は良い方向には進みません。

 

「かえって悪い方向に進んでしまった」

という、経験をお持ちの方も多いことでしょう。

 

そんな時は、自分にとって何が問題でストレスになっているのかを「明らかにして」

どうしたらそのストレスを無くすことが出来るのかを考えてみましょう。 

 

たとえば、明日までに会議資料を作らなければいけない状況になったとしましょう。

 

時間は終業時刻間近です。

 

今からやったら、どんなに急いでやっても深夜までかかるのは必至です。

 

さらに「今日は帰って子供とお風呂に入ろう」と、ウキウキしてたら気分は最悪です。

 

交感神経は昂り、理不尽な指示へのイライラと明日の会議の心配で、体調も悪くなってしまいます。

 

そんな時あなたならどうしますか?

 

「徹夜覚悟で資料を作りきる」

「気合と根性でやりきる」

「だれかドリンク剤買ってきてくれー!」

 

20代の頃ならそれも出来たでしょう。

 

しかし、30歳を超え40代のあなたにとっては、もはや苦痛以外の何もでもありません。

 

仮に、やり切ったとしても次の日は睡眠不足で、頭は回らず身体もフラフラで交感神経は昂り、イライラしながら会議に臨むしかありません。

 

そんな時こそ問題を明らかにして諦めてください。

 

たとえば、思い切って

「会議資料のクオリティを下げる」

「他のスタッフと分担して資料を作る」

 

さらに思い切って

「資料なしでディスカッション形式の会議体に変更する」など。

 

いつも通りを諦めて、今自分に出来ることを「明らかにして」

出来ないことを諦めれば、良い結果が生まれるでしょう。