平々凡々おっさんずブログ運営

平凡な人の【ブログ活動の楽しみ方】

【Twitterデビュー】四十の手習いツイートで広がれパニック障害の輪

 

はてなブログを始めて1ヵ月経過しました。

当初は、パニック障害の自分と同じ境遇の人に向けて、何か伝えられる事はないかと思い始めたことでした。

 

しかし、そもそもパソコンの使い方や、はてなブログの使い方からつまずき。

ドメインってなに?

HTML?オーディオの配線?

CSS?とは?

などなど・・・

悪戦苦闘のなか、遅々として進まない記事更新に、もっと簡単に記事を発信できなかと思い、六十の手習いならぬ四十の手習いで、遂にTwitterデビュー!しました。

 

 

Twitterデビューで驚いたこと

f:id:ossanzu:20191106104437j:plain

ブログよりリアルタイムに更新が出来る

 

ブログより良くも悪くも反応が早い

 

ニッチな嗜好や境遇の人と簡単に繋がれる

 

同じ嗜好や境遇の人と共感できる

 

共感してもらえると「いいね」がもらえて嬉しい

 

設定次第で秘匿性は保たれるため本音で語れる

 

こんな事を考えるのは「自分だけではない」と思える

 

ツイートやリツートで友達の輪が世界に広がる

 

 

Twitterのデメリット

f:id:ossanzu:20191112101433p:plain

140文字以内のツイートなので、考えてることが伝えきれない

 

携帯からのツイートは文字を打つのが面倒くさい

 

反応が早いので、間違った情報でもすぐに拡散してしまう

 

設定次第では本人の特定がされてしまう

 

アカウントの乗っ取りが怖い

 

「いいね」がもらえないと、モチベーションが下がる

 

最初はフォロワーが少ないので寂しい(笑)

 

まとめ

とは言え、Twitterという新しい情報発信・着信の手段は、リアルではなかなか見つけにくい、同じ境遇の人と簡単に繋がれ、情報交換が出来る便利なツールだと思いました。

また、新しいことに取り組むことが苦手なおっさん世代でも、簡単に利用することが出来たので、Twitterが世界中に広まった理由が分かった気がします。

しかし、今はまだフォロワー数も少なく、優良なツイートというより、単なる愚痴や慰めが欲しくてをツイートしてるだけなので、友達も出来ないかもしれません(笑)

 

今後、セキュリティーや炎上など、問題も起きるかもしれませんが、今のところ楽しく利用していく予定です。