おっさんずクリニック

パニック障害にも負けず・加齢にも負けず・老後や男ひとりのバツイチ生活の不安にも負けず・夢の実現が出来る者になりたい

パニック障害になりやすい人とは?【メンタル壊さない為の7つの対処法】

 

いきなりですが、下記の項目にいくつ当てはまるか自己診断して下さい。

 

自分がどのタイプなのか把握することで、どうしたらパニック障害にならずに済むのか対策することが出来ます。

 

パニック障害になりやすい人診断

1、人から叱られるといつまでも引きずってしまう。

 

2、他人に任せるのが苦手で全て自分でやってしまう。

 

3、終わった課題のチェックに時間を掛けてしまう。

 

4、自分の意見があっても、相手にどう思われるか心配で言えない時がある。

 

5、他人と比べて自分が劣っていると、しばしば思い不安になる。

 

6、他人とコミュニケーションを取ることが好きではない。

 

7、物事全て予定した時間で終わらない時には、終わるまでやってしまう方だ。

 

8、予定を綿密に立てたり下調べをすることが好きだ

 

9、覚えたことを繰り返し確認してしまう。

 

いかがでしたでしょうか?

 

7つ以上チェックに当てはまった人

【常に満足が得られない完璧主義者】

全てにおいて100点満点じゃないと満足できない人です。

 

こういう人は、相手に対しても厳しいですが自分に対しても厳しい為、常に緊張していて心が休まる暇がありません。

 

100点満点を求める心理的な裏側には、失敗に対する恐怖心が強いことが挙げられます。

 

自分に対しては「70点取れれば良い」位の気持ちで物事を進めましょう。

 

また、こういう人は他人の事も良く見える為、相手に対しても自分と同じレベルを求めがちですが「片目をつぶって相手を見る」位がちょうど良いかもしれません。

 

4~6つ当てはまった人

【気にしすぎて常に不安がある人】

自分に自信が持てない為、常に「相手からどう思われているか」を気にしながら過ごしています。

 

こういう人は「何が正しい」ではなく「誰が正しい」かで、行動や発言を決めますので、八方美人にも見られがちです。

 

相手の意見を尊重するのも、ほどほどにしないと周りからの信頼を失ってしまいます。

 

こういう人は、自分に自信が無いことを素直に認め「出来ないことは出来ない」と言える勇気を持ちましょう。

 

1~3当てはまった人

【気を使い過ぎて常に疲れている人】

相手に気を遣って、自分の行動や発言を抑えていませんか?

 

適切な気遣いや心遣いは「あなたのやさしさ」ですが、度を超えた「忖度」は毒になります。

 

「客観的なモノの見方が出来る」という事に、囚われ過ぎずにもっと「主観的に行動や発言をする」と良い結果が生まれるかもしれません。

 

 

こだわりは捨てる

f:id:ossanzu:20200204133258j:plain

 自分が思い描いた通りの、100点満点を取ることは諦めましょう。

 

細部にこだわり100点満点を取ることは素晴らしいですが、こだわり過ぎることは過大な時間の浪費につながります。

 

一つ一つにこだわり過ぎて時間を浪費してしまうことは、自分自身の心と身体を疲弊させる大きな原因となります。

 

また、拘り過ぎは固執へと変化し、いつの間にか「〇〇しなければいけない」が口癖になり、自分の可能性を縮めることに繋がります。

木は見ないで森を見る

f:id:ossanzu:20200204134559j:plain

「木を見て、森を見ず」では、どこに行くのかも何を目的にしているのかも分かりません。

 

人生を楽しく生きたいなら、まずは全体像を把握して優先順位を付けていきましょう。

 

目の前の事柄だけに注力し過ぎてしまい、計画性もなくその時の気分で物事を進めていては、目的地に辿り着くことは出来ません。

 

何かを成し得たいなら、まずは大きな地図を描きましょう。

 夢や希望を持つ

f:id:ossanzu:20200204134718j:plain

人は「夢や希望」があるから生きていける。

 

と、誰が言ったかは知りませんが、「夢や希望があるからこそ」人は前を向いて生きていけるのです。

 

日々の生活が、どんなに辛くつまらない日常だったとしても、夢や希望が心にある限り人は耐えることが出来ますし、そこに向かって努力をすることが出来ます。

 実現可能な目標設定

f:id:ossanzu:20200204134737j:plain

「目標は高い方が良い」と仰る方もいますが、自分の能力を超えた目標ではそもそもモチベーションは湧きません。

 

「自分では組み立てられない帆船の模型を渡された小学生」では、やる気が起きないのと一緒です。

 

まずはガンダムのプラモデルから始めるか、自分が高校生になってから帆船の模型をやるようにしましょう。

 やりたいことからやる

f:id:ossanzu:20200204134751j:plain

「好きなオカズを最初に食べるか?最後に食べるか?」

 

最初に食べてしまいましょう!

 

人生いつ何が起こるか分かりません。

 

思った通りの最期を迎える前に死んでしまったら、「最後にエビフライを残していたのに、時間が無くて食事が終わる」のと同じです。

 断捨離する

f:id:ossanzu:20200204134805p:plain

「いつか使うかもしれない」そう思って、いつまでも残しているモノや頭の中に残っているコトは捨ててしまいましょう。

 

頭の中やパソコンでも部屋や机の上でも、古いもので埋め尽くされてしますと動きが鈍くなります。

 

また、新しい情報や事柄を億劫に感じるようになり、レスポンスが悪くなりませんか?

 

そんな時は、思い切って捨てることでアナタのキャパシティーを増やし、新しいチャレンジに踏み出すことが出来ます。

 取捨選択する

f:id:ossanzu:20200204134819j:plain

人生は選択の連続です。

 

時に、どちらか一方を選べばどちらかを手放さなければいけなかったり、選択出来なくる事もあります。

 

「結婚をすることによって、その後、出会った好きになった人と結婚できないように」

 

「A社に入社してしまえば、B社には入社出来ないように」

 

「出世を選んでしまえば、平社員でいることが出来なように」

 

「休日に遊び呆けてしまえば、ブログ記事が書けないように」

 

ときにその選択は、強いストレスとなって自分自身に降りかかります。


しかし、必ず選択をしなければならないのであれば、失敗することや他人からどう思われるかを心配して悩むのではなく、自分を信じて選ぶだけです。

 

人は、今この瞬間ですら選択して、何かを諦めているのです。

 

時間には限りがあり、同じ時間は戻ってきません。

 

誰もが人生の岐路で、二通りの道を味合うことは出来ません。

 

自分の心の声に耳を傾けてみて下さい。