平々凡々おっさんずブログ運営

平凡な人の【ブログ活動の楽しみ方】

【思い通りにならない人生】思い通りにしようとするから苦しむ理由

f:id:ossanzu:20200209181433j:plain

【自分の人生を思い通りに生きていく】

 

稼いでいるYouTuberの発言や、ブロガーのサイトでよく見かける言葉です。

書店に行けば、自己啓発本のタイトルにもよくあります。

 

こういった言葉が多く使われるという事は、多くの人が「自分の思い通りに生きられていない」という事の裏返しなんでしょうね。

 

私自身もこの手のタイトルに弱いです。

 

自分が思った通りに生きられたら「どれだけストレスのない幸せな人生なんだ」思ってしまってるからです。

そして、そういった記事に触発されてブログを始めた私自身。

そんな浅はかな考えで「ブログをやっていて本当に良いのか」と自問自答する日々です。

 

「思った通りに生きなければ幸せではない」という風潮に、どれだけ多くの人が苦しめられているのかと思うと、つくづく「こうしたら苦しみから逃げられますよ、的な商売は儲かるんだなぁ」と思わずにはいられません。

 

実際、自分の思い通りに生きている人がほとんど居ないという事を知らずに。

 

仏教の世界の教え

f:id:ossanzu:20200213110538j:plain

仏教の世界では、こんな教えがあります。

 

【生老病死】(しょうろうびょうし)

「生」とは、生まれてくる苦しみ

「老」とは、老いの苦しみ

「病」とは、病に襲われる苦しみ

「死」とは、必ず死が訪れる苦しみ

 

人は生まれながらにしてこの4つの苦しみを抱え、誰も逃れることは出来ず、万人に訪れる苦しみと説いています。

 

この他にも、人が生きていく上で避けることが出来ない苦しみに

【愛別離苦】(あいべつりく)

自分自身が健康でも、愛する家族や親しい友人との別れの苦しみ

 

【怨憎会苦】(おんぞうえく)

ムカつく相手や会いたくない人とも会わなければならない苦しみ

 

【求不得苦】(ぐふとくく)

自分が求めるものが手に入らない苦しみ

 

【五蘊盛苦】(ごうんじょうく)

色・受・想・行・識(身体・感覚・概念・心で決めたこと・記憶)の5つの要素に執着する苦しみ

 

 生老病死と合わせて8つの苦しみがこの世にはあると言われています。

 

よく「四苦八苦して・・・」と使いますが、その言葉の語源がこの8つの苦しみです。

 

このように考えると、私たちがいるこの世界は、苦しみに溢れていることが分かります。

そんな世界で「自分が思った通りの人生」とは、どんな人生なのでしょう。

 

思い通りにならない人生を思い通りにしようと、まるでそれが出来るかのようなブログ記事や自己啓発本があります。

 

しかし、それをそのまま鵜呑みにして

 

そのように生活しようとすることから、苦しみが生まれるのではないでしょうか?

 

「なぜ自分だけ・・・」

「こんなはずじゃなかった・・・」

「あの時こうしてれば・・・」

「なんでこっちを選んだんだろう・・・」

「あいつのせいで・・・」

 

人生みんなそんなもんです!

お釈迦様が昔から説いているように、生きる事は四苦八苦なんですから。

 

後悔先に立たず

f:id:ossanzu:20200213111241j:plain

「でも、あの時違う選択をしていれば・・・」

 

自分の人生を振り返った時、後悔していることってありますよね?

 

過去に遡って、やり直したいことってあると思います。

 

しかし、仮にやり直すことが出来たとして

本当にあなたは思った通りの人生を歩むことが出来るのでしょうか?

 

仮にやり直すことが出来ても「思い通りにならないことに」変わりはないのではないでしょうか?

 

私自身も【自分の人生を思い通りに生きていく】というタイトルを見ると、思わず見てしまいます。 

 

それは「思い通りにならない人生を何とか思い通りにしよう」と、もがき苦しんでいるからです。

 

しかし、思い通りにならない人生を、思い通りにしようとすること自体が、ただの傲慢なのではないのかと思うのです。

 

ならばいっそのこと

「そもそもこの世界は苦しみに溢れ、思い通りにならない世界である」

と認識してしまった方が楽なのかもしれません。

そうすれば、思い通りにならない事にイライラしたり、誰かと比べて妬んだりすることは無くなります。

 

まとめ

f:id:ossanzu:20200213111612j:plain

思い通りにならないという事は、悪い事ばかりではありません。

時として、良いことも思いがけず訪れるという事です。

 

面接で失敗して落ちたと思った大学入学推薦が、実は受かっていたり。

「このまま一人で生きていくのか」と諦めた時に、好きな人が出来たり。

なかなか改善しない体調不良が、朝目覚めたら改善していたり。

生涯、このつまらない仕事をしていくのだと嘆いていたら、昇進の声が掛かったり。

 

思いがけないラッキーを手にしたことは、皆さん経験したことがある思います。

 

アンラッキーだと、思い通りにならないと嘆き。

ラッキーだと、思いがけない贈り物と喜ぶ。

 

ただ、それだけの違いなのかもしれません。

 

だとすれば、良いも悪いも思いがけず訪れるのだと開き直って、何が起きても落ち着いて考え・行動できるように準備して、自分らしい人生を手に入れた方が幸せなのかもしれませんね。