平々凡々おっさんずブログ運営

平凡な人の【ブログ活動の楽しみ方】

簡単解説!【サポカー補助金】新車・後付けもOK!安全運転サポート付き車がお買い得!

f:id:ossanzu:20200308153745j:plain

 

高齢者によるアクセル踏み間違い防止や衝突事故防止に向けて、安全サポート機能が付いているクルマや、後付けの運転支援装置を付けると国から補助金が出ます。是非この機会に検討してみて下さい。

 

高齢者の交通事故のうち、75歳以上運転者の死亡事故は正面衝突等・人対車両・追突等が7割、またブレーキとアクセルの踏み間違いを原因とする死亡事故は75歳未満運転者と比較して高い水準です。

 

f:id:ossanzu:20200308124556p:plain

高齢者の交通事故のニュースを見て「怖いなぁ」と思いながらも「自分はまだ大丈夫と思っている」または「サポート機能付きは費用が掛かる」と躊躇していた人や、高齢になった両親を持つ家庭の方は、この機会に安全運転支援装置付きのクルマに乗り換える様にしましょう。

 

 

相手の命を守る【サポカーとは】

f:id:ossanzu:20200308115426j:plain

サポカーとは安全運転支援装置が付いているクルマのことで

①対歩行者衝突被害軽減ブレーキ機能

②ペダル踏み間違い急発進抑制装置

などが付いているクルマの事です。

①の対歩行者衝突被害軽減ブレーキ機能は、フロントガラスの上にカメラやレーダーが付いていて、歩行者や障害物がクルマの前に迫った時に自動でブレーキをかけてくれる装置です。

②のペダル踏み間違い急発進抑制装置は、ブレーキを踏もうと間違えてアクセルを思いっきり踏んだ時に、アクセルを踏んでも進まない状態にする装置です。

 

この他にも、車線逸脱抑制制御装置や坂道サポート機能など各メーカー色々ありますが「サポカー補助金」の対象装置は①と②のみになっています。

これらの安全運転支援装置は、高齢者の判断力の衰えやとっさの時に対応力の衰えを補うもので、運転している人の命は勿論ですが相手の命を守るために必要な装置です。

 

75歳からは運転が危険【サポカー補助金の対象者】

f:id:ossanzu:20200308115619p:plain

75歳以上から、高齢ドライバーの操作不適切による事故は急激に増加します。「転ばぬ先の杖」ではありませんが、65歳以上になったら安全運転支援装置が付いているクルマをおススメします。

サポカー補助金の対象者は65歳以上のシニアドライバーです。

①令和2年3月末時点で満65歳以上となる高齢運転者

②令和2年3月末時点で満65歳以上となる高齢運転者を雇用する事業者

上記①と②が対象なので、ドライバー自身だけでなく高齢運転者を雇っている事業者も、クルマを買い替える時にも今回の補助金を活用出来ます。

申請が出来る者は、車検証の使用者なので親御さんのクルマを子供名義にしてサポカー補助金の申請は出来ません。ただし、車検証の所有者を子供にして使用者を親御さんにすれば補助対象になります。

①個人ユーザーの留意点

1、サポカー補助金の対車両は白色・黄色ナンバーのみ

2、サポカー補助金の対象車両は使用者名義が個人名義の車両のみ

②事業者の留意点

1、サポカー補助金の対象は緑色・黒色ナンバーのみ

2、サポカー補助金の対象車両は使用者名義が個人・法人どちらでもOK

 

節約しながらグレードアップ【サポカー補助金とは】

f:id:ossanzu:20200308120853j:plain

①令和2年3月末時点で満65歳以上となる高齢運転者

②令和2年3月末時点で満65歳以上となる高齢運転者を雇用する事業者

上記の人達が、下記の機能が付いているクルマを購入した時に補助金が交付されます。

①対歩行者衝突被害軽減ブレーキ機能

②ペダル踏み間違い急発進抑制装置

支給される補助金の額は、装備されている装置の種類で2パターンありその支給される額が変わります。

①対歩行者衝突被害軽減ブレーキ機能だけが付いているクルマと、①対歩行者衝突被害軽減ブレーキ機能と②ペダル踏み間違い急発進抑制装置の両方がついているクルマの2パターンで、①と②が両方ついているクルマの方が、より安全性が高いので補助金も多く交付されます。

①対歩行者衝突被害軽減ブレーキ機能だけが付いているクルマ

普通車は6万円

軽通車は3万円

中古車は2万円

①対歩行者衝突被害軽減ブレーキ機能と②ペダル踏み間違い急発進抑制装置の両方ついているクルマ

普通車は10万円

軽通車は7万円

中古車は4万円

①と②の両方ついている場合の補助金があれば、安全性の観点から見てもグレードアップして安全運転サポート付き車にする方が断然お得です。

 

無くなったら終了【サポカー補助金はいつからいつまで?】

f:id:ossanzu:20200308122444j:plain

令和2年3月9日から申請受付開始です。

申請の終了は、補助金申請金額が国会で成立した予算額(約1,127億円)を超過した時に補助金申請は出来なくなります。

また、補助金対象のクルマと人が【新車】を購入した場合だけ、遡って申請をすることが出来ます。

遡及申請出来る場合

令和元年12月23日以降に登録・届出された【新車】

ここは気を付けて【サポカー補助金対象の補助条件】

f:id:ossanzu:20200308123550p:plain

補助条件として気を付けなければいけないことがあります。

まず、補助金の対象は1人につき1台限りです。事業者の場合は1事業者につき65歳以上の人数を超える台数の交付は受けられません。

ここでいう事業者は、事業用車両(緑ナンバー・黒ナンバー)が対象なので、自家用車両(白ナンバー)の使用者名義が会社になっている場合は、車検証の使用者名義を個人名義に変更しなければサポカー補助金は受けられません。

 

補助金を受けた車両は原則、登録日・届出日から1年以上は車検証上の使用者名義の変更が出来ません。つまり補助金目当ての転売は出来ないという事です。

万が一使用者名義を変更した場合は補助金を返納しなければいけないのです。

※事故等による廃車の場合は返納の必要はありませんが、別途変更手続きが必要になります。

※補助金の返納期日は、納付指示通知日から20日以内に返納しなければならず、期日を超過した場合は、年利10.95%(1日当たり)の遅延金が発生します。

 

知ってお得【後付けでも補助金出ます】

今回のサポカー補助金スタート前に、安全運転サポート無し車を購入してしまった方も諦めないで下さい。ディーラーやカー用品店で後から取り付けた装置にも補助金が交付されます。

但し、既に各自治体からも「後付けの運転支援装置」に対して補助金申請が出来る場合があり、今回の国が行うサポカー補助金より条件が良い場合もあるので注意が必要です。自治体によっては「対象年齢・補助金額・申請方法など」が異なりますので、自治体HPで確認してみて下さい。

2020年3月時点の後付け購入補助を実施している自治体

・北海道(湧別町)・山形県(舟形町)・福島県(南相馬市)・茨木県(常陸太田市、境町)・群馬県(渋川市、富岡市、安中市、上野村、甘楽町、長野原町、高山村、片品村、昭和村、みなかみ町、千代田町、大泉町)・東京都(豊島区、檜原村)・新潟県(刈羽村)・福井県(永平寺町、池田町)・山梨県(北杜市)・長野県(南木曽町、坂城町)・岐阜県(美濃加茂市)・愛知県(豊橋市、春日井市、碧南市、刈谷市、豊田市、安城市、みよし市、設楽町)・三重県(志摩市)・京都府(京丹後市、井手町)・兵庫県(赤穗市、多可町)・奈良県(山添村、斑鳩町)・和歌山県(高野町)・岡山県(奈義町、美咲町、西栗倉村)・鳥取県(南部町、日南町、伯耆町)・福岡県(東峰村)・熊本県(玉名市、錦町、五木村)・大分県(日田市)・宮崎県(新富町、都濃町)・沖縄県(石垣市)

 

認定対象装置は下記の通りです。

障害物検知機能付きペダル踏み間違い急発進等抑制装置

踏み間違い加速抑制システム (トヨタ自動車)

TOYOTA、後付けの踏み間違い加速抑制システムを発売 | トヨタ | グローバルニュースルーム | トヨタ自動車株式会社 公式企業サイト

ペダル踏み間違い時加速抑制装置「つくつく防止」 (ダイハツ工業)

ペダル踏み間違い時加速抑制装置「つくつく防止」|アクセサリー|軽自動車・エコカー・低燃費車【ダイハツ】

障害物検知機能付きの後付け装置の補助金は4万円です。

こちらの商品はトヨタ・ダイハツの2メーカーでしか取り付けが出来ません。

 

ペダル踏み間違い急発進等抑制装置

S-DRIVE誤発進防止システム2(普通車専用タイプ、軽自動車専用タイプ)(サン自動車工業)

S-DRIVE 誤発進防止システム | 株式会社 サン自動車工業

JARWA_S-DRIVE(SD0102S、SD0104S)(日本自動車車体補修協会)

日本自動車車体補修協会

ペダルの見張り番2(データシステム)

急発進防止装置 ペダルの見張り番�U(オートバックス様専売品) | データシステム R-SPEC Datasystem

アクセル見守り隊(データシステム)

アクセル見守り隊® SAG297 | データシステム R-SPEC Datasystem

ペダル踏み間違い防止装置

ワンペダル(ナルセ機材)

ワンペダルのナルセ機材有限会社

障害物検知機能無しの後付け装置の補助金は2万円です。

こちらの商品はネットで購入すること出来る物もあり、ディーラーに持ち込んで取り付けてもらったり、カー用品店で購入して取付する事が出来ます。