平々凡々おっさんずブログ運営

平凡な人の【ブログ活動の楽しみ方】

接客業のデメリット「マスクしないお客さんと話すのが恐い!」サラリーマンは辛いよ

f:id:ossanzu:20200413105135j:plain

こんな時期の接客業は飛沫感染の最前線だ!

接客業は対面商売なので、正直言ってお客さんと話すのがシンドイことがある。マスクをしてるならまだしも、マスクをせずに咳やクシャミをしてる人を接客するのは怖すぎだ。しかもそういうお客さんに限って近寄ってくるんだよね。

「近くに寄らないで下さい!」

と言いたいところだが、お客さんだから一応ムゲには出来ない。

しかし、自衛の為にはある程度の距離感は大事なのかも知れない。

 

 

コロナの影響!日本ではあり得ない対応

今朝、地元のコンビニでも透明フィルムの防護シートが吊るされていた。

コロナ蔓延当初の1月頃にテレビニュースで見たヤツだ。お客さんの唾しぶきから身を守るための透明シートなんだろうが、初めて見たので面食らった。

平常時なら有り得ない対応だが、このご時世なら仕方がないと思いながらも違和感タップリである。

これが許されるなら「お客さん!あまり近くに寄らないで下さい」と言っても良いのではないか?と思うのは私だけだろうか。(笑)

 

接客業の人が出来る防御法

選択肢は2つしかない。

1、仕事を辞めて引きこもるか

2、感染予防を徹底して仕事をするか

 

もともとテレワークに移行出来る職種や、ノマドで仕事をしている人は良いだろうが、接客業は職場に行かないと仕事にならない。

感染を恐れて職場に行かない事はイコール仕事を辞める事だ。仕事を辞めても生活が出来るだけの資産を形成している人を除いて、そんな決断が出来るのは一部のブルジョワ階層の人だけだろう。

ほとんどの接客業の人は、感染を心配しながらも生活の為に出勤しなくてはならない。悲しいがこれがサラリーマンの宿命だ。

 

仕事辞めてフリーランスになる

残念だが、フリーランスはすぐになれない。農家や漁師になるのも、小説家やプログラマーになるのも一朝一夜ではなれないからだ。

簡単にアフィリエイターやブロガーになれる記事を読むが、やってみると仕事以上に楽ではない事が分かる。

こんな時期だから目指す人が増えているようだが、儲けている人は何年も前から取り組んで稼いでいる事を忘れてはいけない。半年や1年ブログをやった位では生活が出来るレベルにはならないのだ。

それでもこの世界に飛び込みたいなら、やってみるのも良いかもしれないが、安定して収益が出る頃には、コロナウィルスは終息しているかもしれない。

しかし、最初の一歩を踏み出さなければ可能性はいつまで経ってもゼロだから、フリーランスを目指すなら、まずはブログを始めてみると良いだろう。本格的にアフィリエイターやブロガーの適性を自分で判断するためだ。

初期投資を最小限にして自分の適正を試したいなら、はてなブログProがお勧めだ。無料版のブログサービスでは本格的にやろうとした時、効果的に収益を稼ぐ事が出来ない場合があるからだ。

はてなブログProは、全くの素人でもサイト運営をするのが容易で、より高い収入を上げられるので、稼ぐブロガーやアフィリエイターになるなら登竜門としてやる価値がある。

まずは「はてなブログPro」を調べてみる。

 

宝くじを当ててセミリタイヤする

仕事を辞めたいなら、これほど夢のある手段はないだろう。一等前後賞合わせれば、仕事なんかしなくても一生毎日遊んで暮らせる額が貰えるからだ。

 

当たる確率はかなり低いので、並の強運くらいでは当たらない。

当たる人は、当選確率の高い売り場で宝くじを購入 したり、宝くじの高額当選が御利益がある神社やパワースポットにも出向くようだ。又、風水の知識も必要で、当選発表までの宝くじの置く場所やパワーストーン などで運気を上げたりしなければならない。

人と違った運気が欲しいなら、他の人がやらない事をしなければいけない。これはお金を稼ぐ事と一緒だ。つまり仕事を極める事もフリーランスを極める事も、言ってしまえば宝くじを極める事も、人より抜きんでたいなら結果がすぐに出なくてもやり続ける努力が必要なのだ。

宝くじを極めるなら、まずは当選確率が高い売り場で買うことから始めてみてはどうだろう。高額当選が良く出る売り場は全国にあるので、宝くじを求めて旅するのも悪くないはずだ。但し、こんなご時世なので宝くじを求めてコロナに感染しては元も子もない。いまなら高額当選が良く出る売り場で宝くじを代行購入してくれるサービスもあるので使ってみるのも良いかも知れない。

宝くじは当たる売場で買え!

 

徹底した感染予防で働く

まずは予防を徹底するしかない。

特に注意が必要なのが食事の時だ。手洗いをした後にドアノブを触ってしまえば、感染のリスクを手洗いで減らして、また増やしているようなものだからだ。

気にし出したらキリはないが、この時期に仕事に行くならそこまで徹底しても、し過ぎるという事はないだろう。

徹底的にやる基本行動

1、マスクをする

2、手洗いをする

3、消毒をする

この3つを徹底してやる事と、三密を極力避ける事が重要だ。当たり前の事を当たり前にやり続けることしか対策の施しようがない。

手洗い用のハンドソープはドラックストアにはあるので良いが、マスクと指先用の消毒液は相変わらず店頭には無いので、ネットで購入した方が早いかも知れない。

 

働きたくなくても、働かないと生きていけないのは労働者の辛いところだが、こんな時期に接客業で働く人は、感染予防を徹底して仕事に行くしかない。

 

 あとがき

普段は「接客業は立ち仕事できついけど、運動も兼ねてやるならおススメだよ」と言っているが、さすがにこの時期は接客業はデメリットが際立ってしまう。

「テレワークに移行しました!」なんて記事を拝見したり、感染予防に会社が真剣に取り組んでいる所では「社員に給付金を支給して休業した」なんてニュースを見ると、正直、羨ましくも感じる。とはいえ、大手ではない接客業のほとんどが、資金的にそこまでやれない実情と商人魂が強いことを考えれば、そこで働く人々も働かざるを得ない。

「もっと早く収入の入り口を分散しておけば良かった」と、こういう事態に陥った今まさに実感せざるを得ない。

あわせて読みたい

www.ossanzu.com

www.ossanzu.com