平々凡々おっさんずブログ運営

平凡な人の【ブログ活動の楽しみ方】

「歳と共にあちこち痛ぇ!」アラフォーからの関節痛【解決法】あぐらをかく時の痛み

f:id:ossanzu:20200417141747j:plain

「歳はとりたくないね〜」と、昔お婆ちゃんが口癖の様に話していたけど、今になって「なるほど!この事ね」と実感しているアラフォーです。

 

数ヶ月前、あぐらをかく時に足の付け根辺りの股関節に違和感を感じ、放って置いたらいつの間にか痛みにトランフォーム。

「痛くて右足だけあぐらがかけねー!」ってなりました。

 

 

 

病院嫌いだから原因不明

年齢と共に軟骨がすり減ったり、筋肉や筋が硬くなった事からくる痛みや痺れは、アラフォーからアラフィフの間で訪れるそうな・・・

とりあえず病院嫌いなので原因は分かりませんが、おそらく加齢によく痛みということにします。

 

病院恐いからセルフヒーリング

病院が恐い人がまず行う事は、市販の薬やマッサージなどのセルフヒーリングです。

本当はちゃんと病院に行った方が良いのは百も承知ですが、今回もなんとか病院に行かずに済ませたいと思います。

 

 

股関節の痛み対処法

股関節の痛みの原因で、おそらく「これかな?」と思った記事にこう記載されてました。

「股関節の骨が内側に入り込むようにずれているか、その逆の外側にずれているかのどちらかです」

「股関節の骨が内側にずれていると太ももの外側、股関節の骨が外側にずれていると太ももの内側に痛みが現れます。また、股関節の骨がずれると、お尻や太もも前面の血流が悪くなるため、その辺りに痛みやしびれが起こる人もいます。」

だそうな・・・

てな訳で、股関節の痛み効くと言われているスクワットと、お尻と股関節のセルフマッサージを実践しました。

 

【スクワットのやり方】

まず踵をつけて足を90度に開きまっすぐ立ちます。手を腰に当ててそのままスクワットをします。これだけです。足の筋肉が弱っている人は最初はかなりきついですが、まずは1日10回を目安にやってみましょう。

【中殿筋セルフマッサージ】

まずうつ伏せに寝ます。股関節が痛い方の手で拳を作ります。拳はそのままに中指の第2関節をすこし立てて尖らせましょう。あとはうつ伏せのまま、腰とお尻の境目からお尻の横にかけてグリグリマッサージしてみて下さい。痛気持ち良い場所が凝っている所です。

 

この方法で、私の場合は3か月後にはあぐらをかける様になりました。ぜひお試しください。

 

 

あとがき

今回は股関節の痛みについて書きましたが、アラフォー過ぎてから絶好調なんて日は年に数回しか無くなってきので、これからも実体験をもとに、その対処法でオススメのものがあったら紹介していきたいと思います。

「病院嫌い」「病院恐い」なんて人は、まずセルフヒーリングを試してみては如何でしょうか?

但し、痛みや不快感には重篤な病気も潜んでいる事もあるので、しばらくやってダメなら諦めて病院に行って下さい。

 

あわせて読みたい

www.ossanzu.com