平々凡々おっさんずブログ運営

平凡な人の【ブログ活動の楽しみ方】

ブログのネタ探しに思考を巡らせる「風が吹けば桶屋が儲かる」理論

f:id:ossanzu:20200417135740j:plain

緊急事態宣言からの休業要請で、倒産寸前な業種と前年比100%以上で伸びている業種がハッキリしてきた。

「三密」を避ける為の休業要請が、予想に反して新たな三密を引き起こしている。そして、予想外の三密が起きた業種は儲けているのだ。まさに「コロナが吹けば桶屋が儲かる」である。

 

 

 

 

風が吹けば桶屋が儲かる

そもそもの由来は以下の通りだ。

①大風が吹くと、土埃で目がやられて盲人が増える

②盲人が増えると、三味線を生業とする人が増える

③猫の皮で作られている三味線が売れるので猫が減る

④猫が減るとネズミが増える

⑤ネズミが増えると、桶がよくかじられて駄目になるから桶屋が儲かる

 

株の世界では、株価が上がる会社を予想する考え方の定石である。これをコロナの影響に当てはめて1例を挙げるとこんな感じになるのか?

①コロナウィルスが蔓延して外出が減る

②外出が減るとテイクアウトや自炊が多くなる

③テイクアウトや自炊用の容器(トレー)が沢山必要になる

④容器(トレー)を作っている会社が忙しくなる

⑤容器を(トレー)を作る素材の価格が上がる

あくまでこれは1例であるが、外出が減ってテイクアウトや自炊が多くなると「スーパーマーケットやドラッグストア」が儲かりそうなのは誰でも分かるが、プラスチック素材の価格が上がるまで想像を巡らせるのが「桶屋が儲かる」の所以だ。

 

休業要請された施設

今回の緊急事態宣言で、休業要請が出ている業種は多岐に渡る。

スーパー銭湯、岩盤浴、サウナ、エステサロン、キャバレー、ナイトクラブ、スナック、バー、ネットカフェ、漫画喫茶、カラオケボックス、ライブハウス、ボウリング場、スケート場、屋内型のゴルフ練習場、屋内型のバッティング練習場、スポーツクラブ、ホットヨガ、マージャン店、パチンコ屋、ゲームセンター、テーマパーク、遊園地、劇場、観覧場、プラネタリウム、映画館、集会場、公会堂、展示場、貸会議室、文化会館、多目的ホールなど、「社会生活を維持するのに必要」とされなかった業種に休業要請がされた。

これらの業種は、正にコロナの影響で息も切れ切れだ。どの業種も人類にとって文化的な憩いの場やストレス発散の場なのでコロナに負けずに頑張って欲しい。

 

 

休業要請がない施設

社会生活を維持するうえで必要な施設は、休業は要請せず、適切な感染防止対策の協力を要請するに留まる。

生活必需物資販売施設として、卸売市場、移動販売店舗を含む食料品売場、コンビニエンスストア、百貨店(生活必需品売場)、スーパーマーケット、ホームセンター(生活必需品売場)、ショッピングモール(生活必需品売場)、ガソリンスタンド、靴屋、衣料品店、雑貨屋、文房具屋、酒屋が対象となっている

また、食事提供施設は、適切な感染防止対策の協力を要請、営業時間短縮の協力を要請した。営業時間の短縮については、これまで夜8時以降から朝5時までの間に営業している店舗に対して、朝5時から夜8時までの間の営業を要請し、酒類の提供は夜7時までとすることを要請している。

対象施設は、飲食店、料理店、喫茶店、和菓子・洋菓子店、タピオカ屋、居酒屋、屋形船、理髪店、美容院、郵便局、メディア、貸衣裳屋、不動産屋、結婚式場、葬儀場・火葬場、質屋、たばこ屋、ブライダルショップ、本屋、自転車屋、家電販売店、園芸用品店、修理店、鍵屋、100円ショップ、駅売店、家具店、自動車販売店、カー用品店、花屋、ランドリー、クリーニング店などが対象となった。

 

 

あとがき

株や為替、先物取引やブログで稼ぎたいなら、これらの休業要請から生まれる何かを見つけ「桶屋が儲かる」まで想像を巡らせると、思いがけないチャンスを発見することが出来るかも知れない。

株や為替、先物取引は乱高下しているので「風が吹けば桶屋が儲かる」を見つけることが出来れば大きな収益を上げることが出来るし、ブログを書くのもこの考えでSEOに優れた「キーワード」を見つけることが出来れば、こちらもまた大きな収益を上げられる。

このコロナという苦難をどう捉えるかが肝で、「今は稼ぐことが出来ない」と諦めるか、「ピンチはチャンス」と捉えて行動するかは、あなたの思考次第かも知れない。