平々凡々おっさんずブログ運営

平凡な人の【ブログ活動の楽しみ方】

人生嫌なことばかり「前向きになれない」私がどん底から立ち直った思考術!

f:id:ossanzu:20200421173945j:plain

「人生いろいろ〜♬」

島倉千代子さんも歌っていますが、嫌なことって起きる時には続けて起きますよね(´;Д;`)

 

それでも

「僕らはみんな生きている〜♬」

youtu.be

童謡でも歌っている様に、生きているから嬉しいんだ、と言える日まで辛くても悲しくても生きてみませんか?

 

 

受けきれない困難や不幸に出会うとどうなる?

人は想定外の困難や不幸に出会うと、あなたの心は受け入れようと対処します。しかし、受け入れがたい程の困難や不幸が訪れると、心の器は溢れ出しうつ病やパニック障害を引き起こします。

 

近年、うつ病やパニック障害が増えてきているのは、そういう病気が世間で広く認知されてきたこともありますが、やはり現代の日本においては「受け入れがたい状況」が増えているのかも知れません。

ひと昔なら、気合いと根性でどうにかなる時代もありましたが、今は仕事環境も家庭環境も複雑になりシンプルに「頑張れば報われる時代」では無くなった事も要因なのかも知れません。

 

 

困難や不幸に備えるな

世の中、心配し出したらキリがありません。そして心配すればするほど恐れや不安は増幅するのです。

 

そういう人に限って「万全の準備をしている」にも関わらず、常に不安で怯えていませんか?何故なら、こういった場面でも引き寄せの法則が働くからです。

 

人は望もうが望まなかろうが、考えた事の実現に向けて動き出すのです。

例えば、大変だけどやりがいがあって楽しいと思っていた仕事でも、実は「失敗しないかいつもドキドキしてる」や「上司から叱られない様に最悪の事態も想定しながら仕事をしている」のであれば、いつか失敗して最悪の事態が起こるのです。

これは、体験したことがない人にはなかなか理解し難いのですが、良い事も悪い事も自分のイメージした事が現実に起こるのです。

つまり「困難や不幸に備える」ということは、困難や不幸をイメージするので、自ら困難や不幸を呼び込んでいるのです。

何事も深く考えない人や楽天家が幸せなのはそういう訳なんです(笑)

 

 

流れに身を任せろ

「時の〜流れに〜身をまかせ〜」

youtu.be

とテレサ・テンさんも歌っています。

大抵の事は、流れに身を任せた方がかえって上手くいったり、良い結果をもたらすものです。

 

ところが、自分で意識していなくても、色々備えるのが好きな人や得意な人は、危機管理が優れていてると勘違いしがちです。

そういう人は、小難しい理屈を並べるのが得意で、常に先のことを言い当てるので周りからも尊敬される傾向にあります。

しかし、実は当の本人の頭の中は常に不安と恐怖で溢れかえっていて、全く幸せではないのです。

 

時には備える事は大事ですが、最悪の事態になったら誰にもどうにも出来ないと諦めて、流れに身を任せるくらいで丁度良いのかも知れません。

 

 

あとがき

人生長く生きていると色々ありますよね(´;Д;`)

私の場合、離婚→パニック障害→退職と40歳から色々ありました。その間の精神状態は不安定で、とにかく毎日イライラしたり不安になったり、とても「前向きに考える」なんて出来る訳ないだろ状態でした。

それはまるでパンドラの箱のように、恐怖や不安、怒りや妬みなどありとあらゆる負の感情が溢れ出し、その感情に溺れてしまいそうでした。

それでも心の奥底に「幸せになりたい」という僅かな光が残っていたので、なんとか今日まで生きて来れたのです。

 

人は受けきれない程の困難や不幸に見舞われると、思考が止まってしまいます。その時に他人が「前向きになれ」とか「ポジティブに考えると良いよ」と言ってきても、どうにかなるものではないのです。

その時に出来ることといえば、ただ自分の心の何処かにある「希望の光」に気付くまで、静かに時が過ぎるのを待つだけです。

そして、その光に気付いた時に初めて前向きになろうと動き出すのです。

 

それまでは「時が必ず解決する」と信じて、今はただ生きていくしかないのかも知れません。

 

あわせて読みたい

 

www.ossanzu.com

www.ossanzu.com

www.ossanzu.com