平々凡々おっさんずブログ運営

平凡な人の【ブログ活動の楽しみ方】

【ブログ初心者】読まれる文字数は意外と短い「長文は何文字から?」

f:id:ossanzu:20200424222007j:plain

ブログ更新が楽しみなバツイチパパちゃんは最近気付いた。

 

「長すぎるブログは読まれない(´;Д;`)」

 

つまり、読まれなかった箇所からは全て不要な文字数ということ・・・

長文大作が書きたいなら小説家に転向した方が良い。

 

という訳で、今回は短くまとめてみせます。

 

 

初心者が陥る罠「2,000文字以上」

ブログを始める時に参考にした【ブログを始めるならやるべき◯◯選】に騙されたかも・・・

 

大抵の初心者向けの手引きブログには、文字数は「2,000文字以上が良い」「出来れば3,000文字あった方が、Google検索に引っかかり易い」とある

 

多分合っているかも知れないけど、3,000文字超えるブログって私も読まんわ!(笑)

 

真面目に文字数を数えている人がいたら、正解の文字数なんて無いんだから止めた方良いと思う。

 

 

国語の授業が邪魔をする

ブログを書くときに、いくら気を付けていてもどうしてもやってしまう【起承転結】の文章構成。

 

散々「結論から書け」と言われているのに、気が付けば起承転結・・・

日本の学校教育(昭和)ってスゲーなと思う瞬間です。

 

もう完全に洗脳されてます。(´;Д;`)

 

 

サービス精神不旺盛が丁度良い

色々伝えたい?沢山読んで欲しい?そんなサービス精神要らないです。

読み手が必要な情報を、簡潔に見易く書くだけで充分。

 

アレもコレもてんこ盛りにした家系ラーメンより、シンプルな中華そばの方が飽きません。

 

行間を読んでもらう

「アホでも分かる」ように、事細かに説明するのは、読者を馬鹿にしているのかも。

ある程度は言葉が足りなくても、いい大人だったら行間読んで理解してくれると思う。

 

言い回しをこねくり回すのは、言葉の粘土遊びです。

こねて良くなるのはうどんのコシくらい!

 

 

「あとがき」っている?

大先生の小説じゃないんだし、ましてや3,000文字程度の文章を、更にまとめてどうするって話。

 

他にも、あとがきに1番伝えたい事を持ってきたら、それはもう日本の国語教育の賜物!

 

伝えたい事を書く終えたら、スパっと終わらせてみてはどうだろう。

 

ここまでで約1,000文字

タイトルを絞り込めば、伝えたい事って意外と短く出来る。

このくらいの文字数の方が、ブログだと最後まで読まれる量なのだろう。

もちろん情報系のブログを書いていると、どうしても文字数が多くなりがちだが、そこを上手くまとめられない様なら「読まれるブログ」になるのはまだまだ先の話だ。