平々凡々おっさんずブログ運営

平凡な人の【ブログ活動の楽しみ方】

【40歳からの結婚・再婚は難しい】バツイチの厳しい現実「年齢じゃなくて形態だった」

f:id:ossanzu:20200425224111j:plain

40歳までは離婚経験があっても再婚は意外と出来ます。それは男女を問わずです。

しかし、40歳を超えた途端に再婚できる可能性は激減するのです。つまり、再婚するなら40歳までに結果を出さなければ、その後は「お独り様ワールド」へ突入です。

 

「あなたはまだ間に合いますか?」

 

 

平均婚姻年齢は?

そもそも平均的な結婚する年齢は【男性は33歳】【女性は31歳】です。

ただし、この中には再婚組が入っており、夫婦ともに初婚の場合の平均婚姻年齢は【男は31歳】【女性は29歳】なんです。

つまり、夫婦どちらかが再婚・夫婦ともに再婚のグループが平均値を押し上げているんですね。

 

形態別再婚組の構成

平均婚姻年齢を押し上げている再婚組には3つの形態があります。

①夫は初婚で妻再婚パターン

この場合、妻のほうが年上の事が多く初婚の夫は経験豊富な年上女房好きが多いようです。

 

②夫再婚で妻初婚パターン

最も多いパターンで、再婚の夫は元嫁より必ず年下の若い初婚の妻を求めます。まさに「女房と畳は・・・」です。

 

③夫婦共に再婚パターン

ケースとしては少ないのですが、40歳以上でも再婚出来る唯一の再婚パターンです。

 

 

3つの形態の平均婚姻年齢

夫初婚+妻再婚組は【男性は36歳】【女性は36歳】

・夫再婚+妻初婚組は【男性は40歳】【女性は33歳】

このデータが、大体40歳までは意外と再婚が出来る理由です。そして、40歳を越えると再婚が厳しいと考えている人は「相手に初婚」と「相手に若さ」を求めるからです。

 

ところが「相手に初婚」と「相手に若さ」を求めなければ、3つ目の形態に打開策が見つかります。

・夫婦ともに再婚組は【男性は47歳】【女性は43歳】

 

40歳越えた離婚経験者の狙い目は?

40歳越えたら相手に初婚と若さを求めるのはやめましょう。もはや40歳越えたら、男も女も自分を鏡でしっかり見てこう問いかけましょう。

「自分より若く、結婚経験のない人が自分を選ぶ理由は?」と・・・

 

つまり、40歳越えたら「相手に初婚を求めない」「相手に若さを求めない」これが大事なんです。

そして、本気で再婚したいなら再婚者同士にしましょう。離婚経験者同士であれば、40歳を超えても再婚出来る可能性はグッと上がります。なんだったら50歳くらいまでイケるかも知れません。(笑)

 

 

再婚者同士のメリット・デメリット

実は離婚経験者は、自分を棚に上げて再婚相手にバツイチなどの離婚経験者を選びたがりません。

その理由は、自分も離婚経験者なので出来れば「傷が無い人と新しくやり直したい」と考えているからです。(なんと都合が良いことを・・・)

 

再婚者同士の再婚メリット

①お互いの傷を理解できる

②子供がいても【どちらか初婚組】より受け入れられる

③結婚式をしなくても済むことが多い

④経済的にお互い独立出来ているので経済的に楽

 
再婚者同士の再婚デメリット

①お互いの元配偶者の存在が気になる事がある

②お互い連れ子がいると家族関係が複雑化する

③嫌な面が見えた時「だから離婚したんだろ」と思ってしまう(笑)

④お互いの両親同士は「初婚の時」と比べると、付き合いが希薄になる

 

離婚経験者同士の再婚は、色々メリットもあればデメリットもありますが、最大のメリットは40歳を越えてからも再婚率が高いという事です。

 

40歳を越えて「再婚相手が見つからない」「自分はもう結婚できない」と悩む前に、離婚経験者を毛嫌いせず積極的に関りを持ってみましょう。そこから生涯の伴侶が見つかるかも知れません。

離婚経験者同士が出会う場所とは