平々凡々おっさんずブログ運営

平凡な人の【ブログ活動の楽しみ方】

私がUQモバイルを選ばなかった理由【携帯キャリア乗り換え】iPhone編

f:id:ossanzu:20200728193748j:plain

先日、「そろそろスマホを買い替えたい」と、同僚と話していた矢先、液晶画面が液漏れを起こしました。

画面右下にオタマジャクシが泳いでいます🤣

 

現在使用しているスマホは第1世代のiPhone SE。途中で新品交換をして5年近く使っていたので仕方ありません。

かねてから検討していた格安スマホに乗り換えるチャンス!以前からUQモバイルが気になっていたので、乗り換えに向けて色々調べてみました。

 

 

 

格安スマホキャリア【UQモバイル】

TVCMでもお馴染みのUQモバイルは、KDDIのグループ会社です。


深田恭子、多部未華子、永野芽郁がWink「淋しい熱帯魚」ダンスを披露 UQモバイル新TVCM「家族でUQモバイル」篇

LTE回線はauの回線をキャリアアグリゲーションしているので、通信エリアはauキャリアと同様、広いエリアで通信することが可能です。

料金体系も三大キャリアと違い、半年間や1年限定の値引きキャンペーンがないため、分かりやすく支出計画が立てやすいのが良いですね👍

基本プランは3つ。①スマホプランS②スマホプランR③ウルトラギガMAXです。シンプルなプラン体系が分かりやすく、料金自体も3大キャリアより比較的安く設定されています。

UQモバイルの料金体系はこちら

 

【ウルトラギガMAX】の落とし穴

スマホとネットがたっぷり使える【ウルトラギガMAX】は、スマホとルーターのコミコミプランです。出先でもブログを更新するので、選ぶプランは【ウルトラギガMAX】一択です。

【ウルトラギガMAX】は、一見するとネット回線が好きなだけ使えそうな謳い文句ですが、実は容量制限と速度制限があってビックリしました。

10GB容量制限

直近3日間で10GB以上(「WiMAX 2+」と「au 4G LTE」のデータ量の合計)使うと、3日間で10GBを超えた日の、翌日のネットワーク混雑時間帯18時頃~翌2時頃まで、最大通信速度が1Mbpsまで制限されます。

 

7GBの速度制限

当月に7GB以上(「WiMAX 2+」と「au 4G LTE」のデータ量の合計)使用すると、翌日のお昼頃から当月末まで「WiMAX 2+」「au 4G LTE」の通信速度が送受信最大128kbpsに制限されます。
(通信速度の制限は、翌月1日に順次解除されます。)

ブログ更新は128kbpsでは足りません。データ容量もテザリングで毎月20GBくらい使うので、これでは使い物になりません😤

 

地方はハイスピードプラスエリアモード?

ハイスピードモード(HS)は、WiMAX 2+接続モードです。

ハイスピードプラスエリアモード(HS+A)は、WiMAX 2+と4G LTEを使って通信する動作モードです。


HS+A設定するとデータ量制限(7G)が発生します。更にLTEオプション料が別途月額1,005円掛かるのです。(3年契約プランに加入すれば無料)

HSだけで賄えるなら10GB制限で済みますが、HS+Aで利用すると、7GB制限を受けるので、テザリングを使ったら2〜3日であっという間に速度制限が掛かります💦

▼どんな場所がHS+A?

HSのサービスエリア以外の場所です。

HSサービスエリア内でも、屋内、車中、地下、トンネル内、ビルの陰、山間部など電波が伝わりにくい場所では、通信できなかったり通信速度が低下するで、HS+Aに自動的に切り替わります。

HSのサービスエリアを確認する

地方都市に住んでいて、クルマの移動中や屋内での使用を考えると、HS+Aを使わずには済まなそうです😭

 

 

UQモバイルは選びません

毎月20GB以上使い、WiMAX 2+だけでは賄えない地方に住んでいるため、今回はUQモバイルへの乗り換えは諦めました。

せめて、ハイスピードプラスエリアモードで利用しても、7GB制限が掛からなければ乗り換えたんですけどね😅

料金プランも今より安くなるし、iPhone7しか選べないのも我慢は出来ますが、結局、使えるデータ容量は10GBないし、7GBではお話になりません。

今回は、スマホ自体が壊れそうならauのまま機種変更か、2年契約の更新月が近いので、そこまでスマホがもってくれればdocomoに乗り換えようと思います。